Doctor’s portal | Careers | office@rgcc-international.com
RGCC

RGCC社が提供する検査とがん治療

腫瘍は異なる特徴を持つ細胞の集合体で構成されます。これらの細胞の集合体の1つに今日まで未知であったがん幹細胞様細胞、または腫瘍開始細胞と呼ばれる原発のがんから分離し、血液中を循環するCTC循環腫瘍細胞があります。このCTC循環腫瘍細胞が疾患のゆくえ、治療への耐性、および再発の可能性を高めます。

がん治療の目的は、がん細胞を破壊することです。治療をすると、癌細胞の大部分が破壊されますが、一部は寛解状態※のままである可能性があります。
寛解状態…全治とまでは言えないが、病状が治まっておだやかであること。

患者が寛解状態の間、治療から生き延びた残存の微小がん幹細胞は、体の他の部位に広がる可能性があります。したがって、医師は残存するがん幹細胞の特徴を検出、検証する必要があります。
RGCC社の検査は、残存したがん細胞が治療に反応する可能性があるか否かを検証します。そして、これらの癌細胞を治療する方法があり、これは再発のリスクを減らすことになります。

RGCC tests
RGCC tests

Copyright (c) RGCC Group(Japan) All rights reserved.