Doctor’s portal | Careers | office@rgcc-international.com
RGCC

研究開発

RGCCは、臨床サービスに加え、研究開発にも取り組み、潜在的な医薬品を特定、製造、テストしています。マイクロアレイ、アレイ比較ゲノムハイブリダイゼーション、ChIP、蛍光in situハイブリダイゼーションなど、分子生物学と細胞遺伝学的手法を組み合わせて、薬物治療の標的となる可能性のある遺伝子とタンパク質を特定します。

創薬ターゲットが細胞外または細胞膜内にある場合、RGCCの細胞部門は完全ヒトモノクローナル抗体を産生し、フローサイトメトリーおよび生存率アッセイで抗体の有効性をテストすることができます。

細胞内薬物標的の場合、RGCCコンビナトリアルケミストリーラボは、insilicoのさまざまな候補分子を設計および検証できます。

次のステップには、適切なタンパク質または遺伝子との製品の親和性を保証する生化学的アッセイが含まれます。小分子量のターゲットの場合、さらに細胞アッセイに進む前に、IC50やリピンスキーの法則5などの手法を使用します。これらには、製品を検証するための生存率アッセイ、遺伝子およびタンパク質分析が含まれます。すべてのステップは、各技術の有効性と信頼性を確保し、製品が新しい候補薬になる可能性を高めるために、さまざまなプラットフォームで制御されます。

RGCC tests
RGCC tests

Copyright (c) RGCC Group(Japan) All rights reserved.