Doctor’s portal | Careers | office@rgcc-international.com
RGCC

オンコノミクス プラス RGCC

この検査は、個々の患者のがん細胞に対する特定の抗がん剤、分子標的・小分子製剤、および自然療法の天然成分の効果に関する情報を提供します。

あなたにぴったりの治療法を知ってください
試行錯誤の時間を省きます
回復への道を進んでください

検査について

オンコノミクス プラスでは、特定の抗がん剤、分子標的・小分子製剤、および天然物質の化学感受性の有効性、様々な製剤の殺傷能力の感受性を患者自身のがん細胞で検査します。検査は、分子的アプローチと細胞的アプローチを組み合わせることによって、最も効果的な抗がん性を持つ製剤を特定するように設計されています。
オンコノミクス プラスは、直接がん細胞への殺傷能力を有する製剤、ヒトの免疫系を刺激して抗がん作用を有する製剤、がん細胞の増殖を刺激する増殖シグナルの抑制という3つの対象に基づいて検査の報告がなされます。

サンプルタイプ

血液

がんの種類

すべての種類の癌

最終結果

欧州のラボで検体
受領後、約3週間

サンプルサイズ

最低25mlの末梢全血
または
400㎎の組織サンプル

よくある質問

どの様な方が検査を受けるべきですか?

がん治療を希望する患者、もしくは治療中の患者にお勧めです。
この検査により、あなたとあなたの医師は、個々の患者のがん細胞に対する特定の抗がん剤、分子標的・小分子製剤、および自然療法の天然成分の抗がん作用の効果に関する情報を得られ、治療に役立ちます。

この検査はいつ受けるべきですか?

術後など、次の治療に入る際に検査を受けるのがべストです。既に治療を開始されていても構いません。

検査を受けるための手順は?検査はどのように行われますか?

かかりつけのクリニックなどで採血だけで検査出来ます。

オンコノミクス プラスはどこで検査出来ますか?

国内の様々なクリニックにて可能です。リストはこちら。
https://ctcjapan.jp/clinic/
勿論かかりつけの先生が簡単です。

結果を理解できますか?誰がそれを説明しますか?

かかりつけのクリニックにて、検査の導入を打合せされた医療機関から説明を受けます。

RGCC tests
RGCC tests

Copyright (c) RGCC Group(Japan) All rights reserved.